アゼルバイジャンが生んだ奇跡のはちみつを日本の皆さんの食卓へ

コーカサス地方で育まれた希少なハチミツ「コーカサスピュアハニー」です。

 

先日(2017年10月29日放送)の世界の果てまでイッテQでNEWSの手越祐也さんが

全身にはちみつを被るハニーアートに挑戦されるとのこと番宣で拝見し、

はちみつを扱う者としては気になっていたのですが。

 

ハニーアート、はちみつアートはアメリカ人アーティスト、ブレイク・リトルさんが

手がける「Preservation」という作品なのですが、これは圧巻です。

食卓へはちみつを届ける当店としては少し複雑なところも無きにしもあらずで、

テレビで手越さんがチャレンジされる様子をご覧になった方も多いかと存じますが

「凄い」の一言。

 

使用したはちみつは400kgとも・・・

ちょっと当店のはちみつではとんでもないコストになりそうです

 

Preservationは英語で「保存」という意味で、

ハチミツが持つ抗酸化作用が物質を腐敗させないことと、

人間の生命の「保存」するという意味をかけあわせた作品がこのタイトルの由来だそうです。

はちみつの抗酸化作用に着目してくださったことはありがたいですね。

 

作品はなんというか神秘的で、はちみつが持つ粘度が神秘的な表現にも一役買っている印象もありました。

 

私が思い浮かべる「はちみつアート」はやはりトーストやヨーグルトにとろーっと垂らして描く感じでしょうか?

 

ハニートースト

当店のはちみつはちょっと驚きの味!

アゼルバイジャンの高原で採れた希少なはちみつ。
国内へ持ち込める企業やお店はそういないはずです!
自身を持ってお届け!是非一度食べてみて下さい。
コーカサスピュアハニー公式サイトでは、各地のデパートでの催事情報も更新していますので、
サイトへもアクセスしてみてくださいね!

コメント
コメントする